対話カフェとは

若者が集う「週末対話カフェ」 ― オルタナ: 「志」のソーシャル・ビジネス・マガジン「オルタナ」
東京の笹塚にある商店街の一角に「タイワハウス」というコミュニティスペースがある。このタイワハウスを利用して「週末対話カフェ」というワークショップを開催している若者がいる。週末に人が出逢い、語り、学びあうための場で、今年の5月に立ち上がった。

この「週末対話カフェ」を始めた古瀬正也さん(22)は、もともと全国47都道府県を自転車でまわり、ワールドカフェを行う「日本一周ママチャリキャラバン」というプロジェクトをやっていた。ワールドカフェとは、あるテーマに基づいて、グループのメンバーを変えながら参加者同士がカフェのような雰囲気で意見交換を行う対話の形だ。

週末(基本的には金曜日か日曜日)に月2回ほどのペースで開催され、学生や20代の社会人ら20名ほどが集まる。4、5人ずつのグループに分かれて、「震災と私」「わたしたちのつながり感」「これからの豊かさ」などについて話し合う。個人の価値観が出てきやすいテーマなので、話が盛り上がる。



【スポンサードリンク】



【スポンサードリンク】








渋谷アップリンクでの公開が続くドキュメンタリー映画『happy』。 7月1日からは、どなたでも自主上映の開催が可能となります。

仲間を集めて一緒に映画『happy』を上映してディスカッションしてみる。 そんなことが出来ます。(上記バナーをクリックすると公式サイトへ)

-----------------
ドキュメンタリー映画「幸せの経済学」


メニュー




対話イベントを予定しておられる方からの情報提供をお待ちしています。

ピックアップ

ブログです

ブログです

PageUP