LCCってなんでしょう?

ローコストキャリア(Low Cost Carrier)の略称で、効率的な運営により低価格の運賃で運航サービスを提供する航空会社を指す。
米国の航空自由化を契機に登場し、世界的に航空規制緩和が進む中で各地に数多く誕生してきた。代表的なLCCには、米国のサウスウエスト航空、英国のイージージェット、マレーシアのエアアジアなどがあり、既存の大手航空会社がLCC事業に参入するケースもある。
世界的にシェアを伸ばしているが、急成長した会社がある一方で、事業停止や経営破綻(はたん)に追い込まれた企業も多い。
LCCは、独自の事業戦略で、既存の大手航空会社と競争を繰り広げてきた。
充実した運航ネットワークや多様なサービスを競ってきた従来の航空会社とは異なるビジネスモデルを採用。特定区間に絞り込んだ路線の設定、使用機種の統一、大都市周辺の2次的(セカンダリー)空港や使用料の安いLCC専用ターミナルの利用、機内食などのサービスの廃止または有料化、インターネットなどを利用した航空券の直接販売、契約社員の活用などによりコスト削減を図り、格安運賃を可能にした。

日本国内の空港では、2010年3月開港の茨城空港が、航空機とターミナルビルを結ぶボーディング・ブリッジ(搭乗橋)を設けないなど、初の本格的なLCC対応となった。(朝日新聞社『知恵蔵』より引用)

「LCC」とは何なのか - 海外の先行事例から学ぶ - BIGLOBEニュース

この秋、国内で相次いでLCC(Low Cost Career=格安航空)専用ターミナルが開設される。 10月18日には那覇空港で貨物ターミナルの一部を改修したLCCターミナルが供用開始され、10月28日には関西国際空港がLCCターミナルを新設オープンする。 搭乗ブリッジがなく徒歩で飛行機に乗り込むことや、既存ターミナルとの行き来の手間(シャトルバスで移動)をぼやく声も散見されるが、格安運賃を支えるためには「設備は極力簡素化する」「空港の端の不便な場所に立地する」などの工夫が必要なので、LCCターミナルとはそういうものなのだと思ってほしい。 新幹線に対する夜行バスのようなものである。




航空トリビア| マイナビニュース

【連載】航空トリビア (1) 格安なエアラインほど定時に出発する理由 | 旅行 | マイナビニュース

【連載】航空トリビア (2) 機内食の不思議「日本発より欧州発のオムレツがおいしい理由」 | 旅行 | マイナビニュース

【連載】航空トリビア (3) 機内食のコストってどれくらい? | 旅行 | マイナビニュース

【連載】航空トリビア (4) 「機内食の味は航空会社で変わる」はウソだった!? | 旅行 | マイナビニュース

【連載】航空トリビア (5) 国際線に"熟年CA"が多い理由 | 旅行 | マイナビニュース

【連載】航空トリビア (6) CAの制服に隠されたヒミツ | 旅行 | マイナビニュース

【連載】航空トリビア (7) 格安航空(LCC)なのに豪華革張りシート……なぜ? | 旅行 | マイナビニュース

【連載】航空トリビア (8) 機内が肌寒い理由 | 旅行 | マイナビニュース

【連載】航空トリビア (9) エッチなシーンはカット? 航空会社ごとに違う機内映画の規定 | 旅行 | マイナビニュース

【連載】航空トリビア (10) 実はある、「LCCなのに大手より高い」運賃逆転現象 | 旅行 | マイナビニュース

【連載】航空トリビア (11) LCCなのに"プレミアム"ってどういうこと?? | 旅行 | マイナビニュース

【連載】航空トリビア (12) 航空機事故の確率 | 旅行 | マイナビニュース

【連載】航空トリビア (13) トラブルの多い航空会社ほど安全!? | 旅行 | マイナビニュース

【連載】航空トリビア (14) 地上と機内では異なる味覚、繊細な味わいのワインはどう選ぶ? | 旅行 | マイナビニュース

【連載】航空トリビア (15) 鉄道用語や船舶用語を取り入れている航空業界 | 旅行 | マイナビニュース

【連載】航空トリビア (16) CAの採用基準に「容姿端麗」はある? | 旅行 | マイナビニュース

【連載】航空トリビア (17) なぜLCCの旅は自由度が高いのか | 旅行 | マイナビニュース

【連載】航空トリビア (18) 機内にシャワースパやラウンジ…エアバスA380がスゴすぎる | 旅行 | マイナビニュース

【連載】航空トリビア (19) 機内映画の吹き替えが変な理由 | 旅行 | マイナビニュース

【連載】航空トリビア (20) 座席の一番広い航空会社はどこ? | 旅行 | マイナビニュース

【連載】航空トリビア (21) 一度は廃れた機内ネットサービス | 旅行 | マイナビニュース

【連載】航空トリビア (22) CAは「スマイル0円」ではない | 旅行 | マイナビニュース